食事制限で簡単ダイエット!低カロリーで健康的に痩せよう

普段の食生活の中で行える

無理なく痩せられる

レディ

体型が気になり出し、ダイエットをしようと考えている方には、食事の中で行うことをお勧めします。サプリと違い、普段の生活の中で出来ることなので、家計の負担なくダイエットすることが出来ます。しかも食事を利用することでダイエットをする時には、比較的短期間で効果が現れてくるというメリットもあります。太る原因としては、一食のカロリーの摂りすぎとなっていることが多いので、カロリー制限をすることで、体重も減らすことができ、なおかつ体内に付着している脂肪も燃焼することができ、結果的に希望の体型になることが出来ます。一気にするのではなく、徐々に減らして行くことが、無理なく体重を減らすことが出来るポイントとなっています。ダイエットをする時には、目標体重を予め決めておくことで、体重を減らそうと言う意欲が増してくるのと、モチベーションの向上もしやすくなります。目標体重を達成したら、その体重を維持することが食事でダイエットをする方法での大切なこととなります。最初は体重も減ってきていると実感が出来るようになりますが、一定の期間が経つと、体重が減らなくなる時がありますが、そこを乗り切ることが出来れば、また、体重も減ってくるようになります。街中を歩いていると、空腹感が感じられることがありますが、そこで手が出てしまうことを抑えて、噛む回数が多いものを口に含んだりする対策をされる方も多くいらっしゃいます。噛む回数が多くなると、満腹感を感じることが早くなりますので、食事をする時にはよく噛んで食べることが、食事で痩せるコツとなっています。

食材のカロリーを管理

ダイエット

人間は必要以上のカロリーを摂ってしまうと脂肪がつき、体重も増えてしまいます。痩せるためには、自分が一日に消費するであろうカロリーを計算し、それ以上の食事を摂らないようにすることです。これで体に入るものよりも出ていくものが上回りますから、エネルギーを生み出すために体についている脂肪が使われ、みるみるうちに痩せることができます。一日に消費するカロリーについては、歩く距離や運動する時間などから求めることができます。この数字を算出しておくことが、ダイエットへの最初の一歩と言えます。一日の消費量を割り出したなら、食事に含まれるカロリーを計算します。外食であればメニューにカロリーが記載されているのでそれを参考にします。自炊の場合には、使う食材のカロリーをネットなどで調べることで大まかな数値がわかります。後はカロリーの高いメニューを食べた後は食事を控えるなどしてダイエットを管理するだけです。痩せるためにと食べる食事の量を減らしてしまうと、逆にストレスが溜まり太ることも考えられます。食べたい時にはカロリーの低いメニューに置き換えるダイエット法も有効です。例として肉類について触れると、サシの入った牛肉はカロリーが高いのに対し、鶏肉のささみは同じ量でも抑えることができます。ささみは脂分が非常に少ないのがその理由で、お肉を食べたい時には鶏肉を中心に調理すればダイエットと食事の満足感を両立が可能です。豚肉でも脂身を切り落とすだけでカロリーが大きく減るので、お肉の旨みを味わいたい時に最適です。

1日3食にこだわらない

ウーマン

世の中にはいろんなダイエットがあって、様々な食事の改善理論があります。流行りすたりのサイクルも早く、ファスティングやジュースクレンズなどのファスティングダイエット、玄米菜食主体のマクロビオティックダイエット、低糖質高たんぱくのローカーボダイエットから、伝統的なカロリー制限など、どれが正しいのか混乱することもあるでしょう。体重を減らす、体脂肪を減らすためには原則的には消費カロリーを上回らない摂取カロリーの食生活を続ける事が大原則です。集中的に特別な食事をする(または食事をしない)方法はどちらかというとダイエットの勢いをつけて、やる気を出すための一時的な手段だと思った方が良いかもしれません。長期的な食生活の改善となると、まずは自分のライフスタイルに合うかどうかを見極める必要があります。効率的に脂肪を燃焼させるために、アスリートやボディビルダーはカロリー配分を考慮した食事を1日5回摂るそうですが、普通の会社員や学生が取り入れるのは難しいかもしれません。また、長寿の女優さんや若々しさを保っている実業家などは、日が落ちたら食事をしないと言います。ある人は朝食・昼食はコーヒーやミルク程度で、夕食だけしっかり食べて痩せたと言います。カロリー的な視点で言えば数日単位で収支がマイナスになればよいので、飲み会などで暴食した後はファスティングを行い、体型を管理している人もいます。このように、健康的に痩せて、それを維持できる食生活は人それぞれなので、あまり固定概念にとらわれず、自分に合ったダイエットを確立しましょう。